栗とお米のミルクミネストラ

栗とお米のミルクミネストラ

秋になると食べたくなるものの一つ、

イタリアでも秋になると街角で売られる焼き栗が秋の風物詩でもあったりする。

 

今日の一皿はこの栗を使ったミルクミネストラ

栗の甘味とミルクの優しい味わいのこの一皿は、イタリア版のミルク粥

北イタリアのピエモンテ州ロンバルディア州ではお馴染みの料理で食べるとどこかほっとする、秋のcomfort food といったところだろうか。

もともとは農家の質素な一品だったミルク粥。ここへ栗を加えたのがこの料理で、味付けを塩味から砂糖やはちみつにかえてシナモンで香りづけすれば寒い時期のおやつにもなる。

 

日本語では“リゾット”と呼んた方がイメージがわくかもしれないけれど、イタリアではこの一皿はミネストラ(野菜や穀物の煮込み)と呼ばれる。

お米を軽く炒めてからブロード(ブイヨン)で煮るリゾットに対し、このミネストラはお米を炒めずにミルクと水で煮る作り方。使うお米もリゾット 用の大粒のものより、日本米のような小粒のもので作るのがミネストラには美味しいし一般的。

なので日本でも作りやすい一品かもしれない。

 

味付けも塩のみ、栗とミルクと最後に加えるバターだけのとてもシンプルなこのミネストラ。

 

肌寒い季節に美味しい、こんな優く温かな “イタリアの秋” をお届けします。

 




ingredients (4人分)

  • 生栗 500g(正味約350g)
  • 米 300g
  • 牛乳 350㎖
  • 水 約350-550㎖
  • バター ひとかけ(約10-20g)
  • (あれば)ローリエの葉数枚(栗を茹でる時用)

 

how to cook

riso latte e castagne
1)生栗は水でざっと洗う。鍋にたっぷりの水(500gの栗なら1.5ℓほど)と栗、香りづけのローリエの葉、塩小さじ1程を入れて火にかける。小粒なら30分ほど大粒なら60分ほど、栗に火が通るまで茹でる。茹であがったらざるで湯をきり、皮をむく。※写真はイタリアの小粒の栗ですが日本の大粒の栗なら50-60分のゆで時間が目安です。
riso latte e castagne
2)鍋に牛乳と水350㎖ほどを入れて火にかけ、沸騰直前まで温まったら剥いた栗、米、塩少々を入れて弱めの中火で15分ほど時々かき混ぜながら煮る。必要ならば途中でさらに水200㎖ほどを少しずつ足す。お米に火が通ったら塩で味を調えてバターを溶かして出来上がり!
※イタリアではお米は洗わずそのまま使いますが、気になるならさっと水で洗って下さい。※上にも書きましたが、塩味でなく砂糖やはちみつで甘く仕上げても美味しいです。