赤ナスのチーズと卵のリピエノ

赤ナスのチーズと卵のリピエノ

イタリアにはたくさんの種類の茄子があるけれどその中でも珍しい茄子がこれ。南イタリアはバジリカータ州、ロトンダ産の赤茄子。

イタリア語ではメランザーナ・ロッサ・ディ・ロトンダ(melanzana rossa di Rotonda)と呼ばれるオレンジっぽい鮮やかな赤が特徴。形や大きさも通常の茄子と異なりトマトほどの大きさでコロンとした見た目もとてもかわいいナスです。香りも通常の茄子よりも強く、焼くとほんの少しさつま芋のような甘味と香りが特徴なんです。また少しの苦みがあるのも一般的な茄子と異なる点。

 

合わせて読みたい
melanzana rossa di rotonda メランザーナ・ロッサ 赤茄子
イタリアの赤茄子(メランザーナ・ロッサ)とは?どんな味がするの?どうやって食べるの?イタリアでの旬はいつなの?

このとっても珍しい茄子について詳しくは赤茄子(メランザーナ・ロッサ)のページに詳しく書いていますのでどうぞ。

 

今日の一皿はこの赤茄子の形を活かしたリピエノ(詰め物料理)

中に詰める具はペコリーノ・サルド(pecorino sardo)という羊のミルクから作られるサルデーニャ島のチーズに小さくカットしたトマト、卵、パン等を混ぜ合わせたもの。ペコリーノチーズと茄子というのはやはりしっくりきて美味しいけれど、ほかにもカチョカバロなどのチーズでもよく合うかと思います。

もちろん、ほかのチーズでもいろいろ味に変化が出るので使うチーズは手元にあるもので自由にアレンジしてOKですが、味のアクセントとなるうま味が強く、塩味の効いたタイプが向いています。

 

ペコリーノ・サルド pecorino sardo
ペコリーノ・サルド (pecorino sardo)

 

日本ではまずお目にかかれないこのとっても珍しいイタリアの赤茄子。

こんなかわいいリピエノにしてとっても美味しく頂きました!

 

melanzane rosse di rotonda ripiene 赤茄子のリピエノ
見た目もとってもかわいいリピエノです。

 

ingredients (約10個分)

  • 赤茄子 10個
  • ペコリーノ・サルド(手に入る他のチーズでもOK) 40g
  • トマト 1-2個
  • 卵 1個
  • 玉ねぎ ¼個
  • ニンニク 1辺
  • パン粉(食パン等でも) 30g
  • イタリアンパセリ 少々
  • 塩 少々
  • EVオリーブオイル 適量

 

how to cook

melanzane rosse di rotonda ripiene 赤茄子のリピエノ
1)赤茄子は水で洗い、上部¹⁄3ほどを切り落とす(ヘタの部分も使うので捨てないで下さい)。スプーン等で中身をくり抜き、くり抜いた実はみじん切りにする。
melanzane rosse di rotonda ripiene 赤茄子のリピエノ
2)玉ねぎ、ニンニク、イタリアンパセリ(全てみじん切りにする)と小さくカットしたトマト、1でくり抜いた茄子の実、卵、パン粉、すりおろしたチーズを入れて捏ねる。※チーズは仕上げにも散らすので少し残しておく。
melanzane rosse di rotonda ripiene 赤茄子のリピエノ
3)茄子の中に塩少々を塗り、具材を詰める。詰めたらオリーブオイルを塗った耐熱皿に並べる。※オーブンシートを使う場合も軽くオリーブオイルをシートに振りかけて下さい。
melanzane rosse di rotonda ripiene 赤茄子のリピエノ
4)上からチーズをおろしてオリーブオイルもさっとかける。180℃に予熱したオーブンで35~40分ほど焼いたら出来上がり!
melanzane rosse di rotonda ripiene 赤茄子のリピエノ
5)最初に切り落としたヘタの部分にもオリーブオイルを塗り、同じくオーブンで20~25分ほど焼く。焼けたらサーブするときにこの蓋を乗せるとかわいいですよ!もちろん実も美味しく頂けます。