とりとズッキーニの照り焼き

とりとズッキーニの照り焼き

鶏の照り焼きの砂糖と醤油の “甘辛味” というのは和食独特のものだろう。

私達が暮らすイタリアでは料理に砂糖を使う、もしくは甘い味付けの料理、というのはほとんど見かけない。

 

この照り焼き、イタリア人の友人を招いてホームパーティをする時によく作るのだけれど普段イタリアン以外の料理を食べない彼らにもいつも好評だ。

この料理の “あまから” が新鮮に感じるのだと思う。

ちょっと多いかな、とたっぷり作ったこの照り焼きをガタイのいいイタリア男達はあっという間にたいらげてしまった。

その様子はさながら ”イタリア版学食”。

同年代の友達だけれど一瞬この子達のお母さんになったような気分になった。大家族というのもいいものかもしれない。

 

もしも外国の友人を招いてパーティーをする、という機会があるならばこの鶏の照り焼きならまず大丈夫。

 

やはりお醤油の味付けというのは世界共通、誰が食べてもホッとする味なのだろう、きっと。

 

ingredients (4人分)

  • 鶏もも肉 600g
  • ズッキーニ 4本
  • ☆酒 50㎖
  • ☆みりん 50㎖
  • ☆砂糖 20g
  • ☆醤油 80㎖
  • オリーブオイル 少々

 

HOW TO COOK

  1. とり肉はひと口大に、ズッキーニは輪切りにする。☆の材料を全て混ぜ合わせておく。
  2. 熱したフライパンにオリーブオイルをひき、ズッキーニをかるく焦げ目がつくように焼く。焼けたらお皿にとっておく。とり肉も同じように焦げ目がつくように焼き、火が通ったらお皿にとっておく。
  3. ☆をフライパンに入れて中火で加熱する。とろりとした照り焼きソースになったらとり肉とズッキーニを加え、ソースと絡めて出来上がり。