とりとズッキーニの照り焼き

とりとズッキーニの照り焼き

イタリアではよく友人を招いてホームパーティをする。招かれた方はワインやドルチェなどの手土産を持っていったりする。

私達一家もしかり、よくホームパーティを開く。そして私が日本人ということもありよくリクエストされるのはもちろん和食。食にかんしては割とコンサバなイタリア人、それでも大好評だったのがこの ”とりの照り焼き” だ。ズッキーニも使って彩りも鮮やかにした。

お菓子以外の普通の料理で砂糖を使うのは和食の特徴かもしれない。イタリアンでは料理に砂糖を使うものはまず無い。なのでこの ”あまから” の味と言うのは結構うけるのだ。

ちょっと多いかな、とたっぷり作ったこの照り焼きをガタイのいいイタリア男達はあっという間にたいらげてしまった。

その様子はさながら ”イタリア版学食”。

同年代の友達だけれど一瞬この子達のお母さんになったような気分になった。大家族というのもいいものかもしれない。

 

さぁ、今週末もグルメな友人がやってくる。

今度のメニューは何にしようかなと考えるは大変でもあるけれど、やっぱり楽しいものだ。でもメニュー決めよりも大変なのは2歳の娘に思い切り散らかされたこの家の掃除。

ホームパーティを開く目的の一つは実はこうやって家の掃除を嫌でもしなければならない状況に自分を追い込むためでもあったりする。誰かが来てくれるからこそ、家を綺麗に保とうとする。そういえば母がよく言っていた。

「人が訪れてくる家はいい家だ。」と。

 

なるほど、確かに。

 

ingredients (4人分)

  • 鶏もも肉 600g
  • ズッキーニ 4本
  • ☆酒 80㎖
  • ☆砂糖 30g
  • ☆醤油 80㎖
  • オリーブオイル 少々

 

HOW TO COOK

  1. とり肉はひと口大に、ズッキーニは輪切りにする。☆の材料を全て混ぜ合わせておく。
  2. 熱したフライパンにオリーブオイルをひき、ズッキーニをかるく焦げ目がつくように焼く。焼けたらお皿にとっておく。とり肉も同じように焦げ目がつくように焼き、火が通ったらお皿にとっておく。
  3. ☆をフライパンに入れて中火で加熱する。とろりとした照り焼きソースになったらとり肉とズッキーニを加え、ソースと絡めて出来上がり。