ラグーソースのパスタ

ラグーソースのパスタ

ミラノは11月に入ってやっと肌寒く、どんよりした空の ”ミラノらしい” 季節になってきた。

というのも今年は秋はカラリとしたいい天気の日が続き、ちっともグレーな空がなかった。

それはそれでいいのだけれどやっぱりミラノの11月は霧とグレーがよく馴染む。

さて11月1日、日本でも最近はお馴染みになったハロウィンの翌日はイタリアでは”死者の日”として祝日になっている。

そんな週の半ばの休日にふとイタリア料理の定番、”パスタ アル ラグー(pasta al ragù)” が食べたくなった。

 

いよいよ食欲の秋本番だ。

 

ラグーソースといっても地域によって、はたまた家庭によってそのレシピは様々。

今回はシンプル、簡単に作れるレシピにしよう。

本当ならコトコトじっくり2時間くらい調理するといいのだけれどお腹を空かせた娘を2時間も待たせるわけにはいかない。

でも出来上がりはとっても美味しかった。

2歳の娘も私と夫が ”もうそのくらいにしときなさい” と言ってもまだ食べたそうにしていたので味は保証付きだ。

 

さぁ、美味しいワインと美味しいパスタで11月のスタートだ!

 

ingredients (for 4 person)

  • 牛ミンチ 150g
  • 豚ミンチ 50g
  • 玉ねぎ  ½個
  • ニンジン 1本
  • セロリ  1本
  • ニンニク 1片
  • ローズマリー 少々
  • トマトのパッサート 500g(無ければトマト缶2つほど)
  • 赤ワイン 100㎖
  • オリーブオイル 少々
  • 塩   少々
  • 生パスタ 450g(無ければ 乾パスタ360g)

 

preparation

  1. 玉ねぎ、ニンジン、セロリ、ニンニク、ローズマリーの葉を全てみじん切りにする。
  2. オリーブオイルを入れたフライパンで1の材料を5分ほど弱火で炒める。
  3. 牛ミンチ、豚ミンチを加え強火にし、赤ワインを入れさらに2分ほど炒める。
  4. トマトのパッサート、塩を加え30分ほど弱火で煮込む。
  5. 沸騰した湯に塩少々加え、パスタをゆでる。
  6. パスタが茹で上がったら4のソースと絡める。

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください