花ズッキーニのオーブン焼き

花ズッキーニのオーブン焼き

今日の前菜は花ズッキーニ。

この前はフリットにしたので(レシピはこちら)今日はグラティナータにしよう。

グラティナータとはパン粉やチーズをまぶしてオーブンで焼いた料理のことで、イタリア料理でよく登場する料理方法の一つ。

 

ここ数日で一気に夏の陽気になったミラノ。少し爽やかな香りが欲しかったのでミントを軽くまぶしてみた。

野菜とミントは意外に感じるかもしれないけれど実はよく合う組み合わせだ。

家に無ければもちろんミント無しでも構わない。

 

花ズッキーニだけで焼くとやはりちょっと寂しいので中にチーズを詰めるがイタリアでの定番。

今回使ったのはスカモルツァチーズだけれど熟成度の若いチーズがお勧め。モッツァレラやリコッタなどでも美味しい。

よく熟成されたチーズだど花ズッキーニの繊細な香りを覆ってしまうからだ。

 

フリットよりも簡単に出来て後片付けも楽チンなこのグラティナータ(毎日料理をする人にとっては後片付けって結構重要なポイントだったりする)。

 

一番手軽に出来る花ズッキーニのレシピの一つにいかがでしょうか?

 

 

花ズッキーニ

 

 

ingredients

  • 花ズッキーニ 10個
  • スカモルツァチーズ 70g
  • ミント 少々
  • パン粉 少々
  • 胡椒
  • EVオリーブオイル

 

how to cook

  1. 花ズッキーニは雄しべ、めしべとガクをとり優しく洗って水を切っておく(詳しい下処理の仕方はこちら)。スカモルツァチーズはひと口大に切る。オーブンは200℃に予熱する。
  2. 花ズッキーニの中にスカモルツァチーズを入れ、オーブンシートをひいてオリーブオイルを塗った耐熱皿に並べる。上から塩、胡椒、ミント、パン粉をまぶしてオリーブオイルをかける。※写真はオーブンシート無しですがお皿に花ズッキーニがひっつくのでオーブンシートを引いたほうがいいです。
  3. 200℃に予熱したオーブンで15分ほど焼いたら出来上がり。